出会いを掴み取る方法

待ってるだけでは出会いは訪れません。掴み取りましょう。

婚活に必要な月額のまとめ

日常生活で出会いがないという方が結婚相手を見つけるためには、婚活を行うことが近道となります。しかし婚活を行うためには費用が必要となります。そのため婚活を始めようという方にとっては、毎月どれくらい費用がかかるのか、どの婚活の方法が安い費用で行えるのかということが気になります。

そこで、婚活に必要な毎月の費用の目安をまとめていきます。

婚活しながら結婚資金を貯めましょう

素敵な結婚相手を見つけるための方法として婚活があります。しかし婚活には高い費用がかかりますしはじめての人と何度も会い、素敵な一人を見つけていくことになります。そのため経済的にも体力的にも負担が大きいです。

婚活で心身の不調や、お金が足りなくなったりして日常生活に支障が出ることは避ける必要があります。また婚活のゴールは結婚です。婚活をしながら、結婚資金も貯めていくことが必要です。

婚活スタイルによって費用は変わります

自分に合う婚活方法を考えていくために、どんな婚活の種類があるのかを整理していきます。まず気軽に参加でき、一度に10人程度の異性と出会うことのできる街コン、街コンと似ているが真剣度の高い婚活パーティ、仲介人を通してお見合いをセッティングしていくという結婚相談所が代表的になります。

どの方法を使うのか、どれくらい参加するのかということで毎月かかる費用は大きく変わってきます。

安い費用で婚活をしたい!自治体開催パーティの費用!

まずはできる限り費用を抑えた婚活の方法についてみていきます。この方法としては、まず自治体開催のパーティのみに参加するということがあります。一般企業が多くの婚活パーティを毎週開催していますが、時々自治体開催のものもあります。

それぞれの違いとしては、民間のパーティは婚活パーティのプロが進行をしますので、いい雰囲気でスムーズに話ができます。しかし自治体は民間に比べて費用が安い場合が多く、無料で参加できる場合もあります。従って、このような民間のパーティのみに参加した場合は、参加回数は限られますが、月1、2回の参加で参加費は月額0円から6000円程度となります。

真剣度高めの婚活がしたい!婚活パーティの費用!

次に民間の婚活パーティに参加した場合の費用についてです。色々なパーティが開催されていますので、自分にあったパーティを見つけて参加していくことになります。民間になりますので、パーティによって料金は大きく変わってきます。

例えば少人数制のものや、参加者の多い都会では比較的料金は安くなりますが、都会から離れるほど費用は高くなる傾向になります。また、年収が高めの男性が参加する率の高いエグゼクティブのパーティでは男性は安く、女性は高いです。

以上のような婚活パーティは、安いもので2000円、高いもので7000円になります。従って、月2回参加をすると、月額4000円から1万4000円程度です。ただし、女性の場合は参加費無料や1000円程度のものが多くなります。

そのため無料のものを選んでいけば女性は無料で婚活を頻繁に行っていくことが可能となります。

気軽に婚活!街コンの費用!

街コンは、2対2で食事をしながら会話をする、合コンのようなものなので、婚活パーティに比べて気軽に参加しやすいという特徴があります。婚活パーティでは食事がない一方、街コンではアルコールが飲み放題で食事もつく場合が多いですので、婚活パーティに比べて料金は高くなります。

男性であれば安いもので6000円程度から8000円程度です。一方女性は男性より安く、2000円から4000円程度となります。従って、月二回参加をしたとすれば男性は1万2000円から1万6000円と高額になり、女性は4000円から8000円程度です。

デートの費用も必要です

街コンと婚活パーティに参加した時の費用の例を出しましたが、実際には異性と仲良くなれたときのことを踏まえながら毎月かかる費用を計算していく必要があります。つまり、連絡先を交換した相手とのデートの費用などです。

婚活の場合、相手を一人にしぼって進めていく場合もありますが、普通の恋愛と比べてお断りされる確率が高くなります。そこで同時進行をしながら恋人をつくっていくという方法がよくとられます。同時進行の婚活は大きく2つにわかれます。

同時に二人の異性とメールやデートをしていくというような方法と、1人とデートしながらも街コンに通い続けるという方法です。前者では、街コンだと複数の方と連絡先交換できるので一度の街コンで二人と仲良くなった場合、1人と仲良くなったけどまた他の街コンに参加して仲良くなったというような場合にわかれてきます。

これらの場合においては、お別れとならなければ街コンにまた参加する必要はないので二人のデート代だけを考えていけばよくなります。しかし後者ではデート代と街コンの両方を考えて行く必要があります。前者では一度のデートが3000円必要だとして週1日ずつ二人とデートをすれば月額2万4千円になりますし、後者では週1回のデートと月2回の街コンとすれば2万4000円から3万円程度です。

⇒婚活ブロガー、ミリーさんに学ぶ!

真剣度の高い婚活をしたい!結婚相談所の費用!

最後に、結婚相談所の費用についてです。他の婚活方法に比べて真剣度が高く、安心して婚活ができる方法ではありますが、その分費用がかかります。地域や相談所、選ぶプランによって大きく変わってきますが、色々な費用が必要となります。

まず登録時では、安い相談所では1万〜3万円の登録料がかかります。また高い相談所ではサポートが充実している代わりに登録料として10万〜20万円程度必要となります。毎月かかる費用ですが、月額料とお見合いセッティング料の2つを考慮していく必要があります。

月額料では、毎月固定の料金を支払っていくことになります。約5000円から1万程度が多いです。しかし注意しなければならないのがお見合いセッティング料になります。これはお見合いを行う度に5000円から1万円程度がかかります。

つまりお見合いを全くしない月は0円になりますし、月4回するとしたら2万円から4万円程度が必要になります。この月額料とお見合いセッティング料を合わせて考えていくと、月2回お見合いをした場合、月額1万5000円から3万円程度です。

月額以外のことも考えながら婚活スタイルを決めましょう

ここまで説明したように、婚活の方法によって毎月かかる費用は変わってきます。しかし月額のみで婚活の方法を選んでいくことは危険になります。それぞれ婚活のスタイルは変わってきますし、どれくらいの期間で婚活を終わらせるかということで、婚活にかかる総額は大きく変わります。

毎月の費用や、自分に合う婚活スタイルなど全体を考慮しながら選択していくことが婚活にかかる費用を減らすためにも婚活期間を減らすためにも大事になります。